テレワーククライシス?孤独とのつきあい方

テレワークを続けていると、孤独を感じる人が増えるそうです。

普段は会社に行くのはめんどくさいし、チームのメンバーとのやりとりや、うっとうしい取引先との関係を避けたいと思っていたはずなのに、人間て面白いものですね。

なんて言うと、怒られてしまいそうですが 汗

 

とくに当番制で出社しているような場合、自分が在宅当番だと
「出社できる人たちはいいな~」といつの間にかどこかで思っていたり、
「自分だけ取り残されているのでは」と不安を感じてしまったりするようです。

 

そんなときは、落ち着いて自分を取り戻していきましょう。

 

テレワークで孤独や不安を感じたときには

深呼吸で身体の力をゆるめる

 

まずは3分だけ深呼吸をします。

呼吸に集中し、ゆったりとやさしい呼吸をしてみましょう。

身体のどこかに力が入っていたら、そっとゆるめてあげます。

※これで自分が力んでいたことにも気づけます。

 

自問自答+根拠のある答えを可視化する

 

つぎに、自分に質問をしてみます。

なるべくニュートラルな感じで
「ねえねえ、出勤している人たちがいいと思う理由はなあに?その根拠があったら教えて」
と訊いてみます。

ポイントは「根拠」で、事実を答えるようにします。

できれば、書き出すなり打ち込むなりして文字化するとなお良いです。

 

さて、書けたらよく読みなおし、自分の推測などが入っていたら、それは省いてあげましょう。

そして、それ以外の目線で本当に出勤するといいことしかないのかな?と自分に問いかけてみましょう。

きっと、メリット以外のことも見えてくるはず。

 

在宅ワークのメリットを再確認する

 

自分が在宅ワークをしていることについても、デメリットばかりに目がいっていたら、メリットもあるかどうかを考えてみましょう。

気づいたことがあれば、しっかりと文字に書き出して、自分で再確認を。

 

当たり前ですが、物事には両面だけでなく様々な面があります。
が、ひとりでいるとつい自分だけの目線で物事を捉えてしまい、偏った思考をしやすくなります。

そのため、こうして客観的に物事を捉える機会を意図的につくり、思考のバランスを取り戻すことが、とても大事です。

 

ちなみに、自分が様々な目線を持てるのも、今まで関わってきた方々がいるからだと思いませんか?

自分とは違う人たちと関わってきて、影響をもらったから、その分だけ自分のバリエーションも増えてきたのではないでしょうか。
そう思うと、今は人と会えなくても、ちゃんとその人たちとのつながりも感じられたりしませんか?

いま顔が見える範囲にいなくても、自分たちの中につながりはできている。

そんなことを感じられると、自分はひとりじゃないし大丈夫だと思えてきませんか?

 

あれこれ書いてしまいましたが、ひとつでもお役に立ちますように。

 

長期在宅ワークの影響による社員のメンタル不調が増えています。
社員がメンタル不調かも?
うつかもしれない・・・
オンライン上でハラスメントが起きているかもしれない
どうにかしなければ・・・
そんな時にはまずご相談ください。

【関連記事】

在宅ワークでもストレスフリーなコミュニケーション(オンラインマナー編) ~新マナーへの対応を知って安心して働こう~

新しい働き方に伴うハラスメント事例から見えてきたもの

 テレワークコミュニケーションのコツ

テレワークはストレスフリー?